美肌つくりの基本!日焼け止めの塗り方は?

美肌に効果が高く、実践しやすいのが日焼け止めです。紫外線から肌を守ることは、美肌の第一歩です。
紫外線から肌を守るために塗るのが日焼け止めです。クリームだけでなく、スプレータイプやパウダータイプもあります。上手に使い分けましょう。
日焼け止めは、効果が1日中持続するものではありません。朝塗ったら夜まで安心ということはないので、日中にこまめに塗りなおすことが不可欠です。スプレータイプやパウダータイプは、手を汚さずに塗ることができるので、塗りなおしに適しています。
日焼け止めクリームの塗り方でよく言われるのが「5点置き」です。両頬、おでこ、鼻の頭、あごの5箇所に日焼け止めクリームを置いて、そこからクリームを伸ばしていくという塗り方です。顔の中で高さがあるこれらの部分は、日焼けしやすい部位なので、5点置きはたしかに効果的です。
しかし、5点置きだと塗りムラが生じる可能性があります。美肌のためには塗りムラをなくすことが大切です。塗りムラをなくすには、適量を手のひらにとって両手で軽く伸ばし、それから顔全体になじませる方が効果的です。両頬、おでこ、鼻の頭、あごには、顔全体になじませた後で、重ねづけするようにします。重ねづけする時には、最初に手にとったのよりも少ない量を手のひらにとるようにしましょう。
日焼け止めのSPFとその後に塗るファンデーションのSPFは、足し算ができません。効果があるのは、一番外側に塗ったもののSPFだけです。その点も注意しましょう。

美肌になるためには何が大事か

よく若い時はまだ美肌を意識しなくても十分若いから何もしなくても良いというのを聞きます。

ですが、実際はそのような事はなく若い時からしっかり美肌対策するのが重要になります。

なぜなら、若い時からしっかり美肌対策をする事で将来の美肌対策になるからです。

では、具体的にどのような事をすれば良いかというと若い時から極力紫外線を浴びないようにするのが大事になります。

なぜなら、若い時から紫外線をあまり浴びないようにする事で肌へのダメージを減らして将来できるかもしれないシミやくすみといった症状を抑える事が可能になるからです。

なので、今はまだ若いからといって油断せずに若い時から紫外線をあまり浴びないようにしていくのが大事になります。

そこをあまり意識しないでいると若い時にかなり肌にダメージを受けてしまって将来顔にシミやくすみがたくさんできてしまう事になりかねないので注意しないといけないです。

最近はそういう風にして若いうちから積極的に美肌対策をやる人が多くなってきていますがそれでもまだそこまで若いうちから美肌に関して意識しなくても良いと思っている人もいるのでそこは意識を変えて若いうちから美肌対策のために紫外線を浴びないようにした方が良いです。

特に日差しが強い日は無用な外出は他えた方が良いです。それだけでもかなり将来老け顔になるかならないかの差が出るのでそこは若い時から意識した方が良いです。

お金をあまりかけずに美肌になるためにもそれが重要です。

ゼファルリン口コミ